日本シンク 所沢市 測量 登記 土地家屋調査士

トップページ
事業部案内
事業部概要
業務案内
お問い合わせ
よくある話
日本シンク 所沢市 測量 登記
  業務案内

 SCENE 1

本当に杭があればそれで大丈夫なのか・・・
土地を管理していく上でお隣との境界をはっきりとさせておく事は重要です。
「うちは杭が入ってるから大丈夫でしょ。」
私たちが測量現場でよく耳にする話です。
確かにそこに杭がある。でも本当にそこが境界なのでしょうか?
杭があるからそこが境界だと思っていても、お隣は全く違う認識かもしれません。
そしてその杭は本当に正しい位置に入っているのでしょうか?
付近での掘削工事や畑の耕作など原因は様々ですが、杭が動いてしまっている事は実に良くある事なのです。
境界トラブルを未然に防ぐ為にも、まずは測量して、お隣同士正しい境界を確認する事をお勧めします。

そもそも境界杭が入ってない場合・・・
世代交代等による境界の認識の違いも先々心配な事となるのではないでしょうか?
土地に杭そのものが無い場合は、より速やかに測量を行い、境界杭を設置しましょう。
境界管理は、土地所有者の大切な役目です。

 SCENE 2

土地を売る場合、なにかしておく事は・・・
土地を売る前に、境界確定を。
トラブルを避けるには、土地の境界を確定させる事です。
境界がしっかりしていない土地は、書いてとしても不安です。
そんな理由でなかなか買手がつかないなんて事もあります。
また実際測量してみると、登記簿面積より大きかった為、売値が上がったなんて話もあります。

土地購入後のトラブルは避けたい・・・
土地を買う前に調査をする事をお勧めします。
土地の購入を進める場合には、事前に土地の状況を確認する事が大切です。
契約をするにあたっても、土地面積の記載が実際に測量したものかどうかの確認が重要です。
「境界杭は埋設されているか」、「測量図は管理されているか」など事前の調査があれば安心です。

 SCENE 3

未登記のままの建物がある場合、何か問題はあるのか・・・
敷地内に未登記のままになっている建物や、増築工事をしたまま登記簿の内容を変更していない事はありませんか?
建物に関する相談で多いのが、未登記建物に関するものです。
通常建物を新築すると、表題登記というものを申請するのですが、古い建物であったり離れとして使っている建物などは、未登記になっている事も少なくありません。
この表題登記は、法律により申請義務が課せられていて申請を怠ると処罰を受ける規定がある他に、例えば金融機関から融資を受けようとした時や相続が発生した時、不動産を売りたい時などに問題になります。
このような場面では手続きを急いでいるお客様が多いのですが、建築から時間が経過してしまうと当時の書類を紛失してしまっていたり、工事業者が廃業していて必要書類が準備できなかったりと、大変な時間を取られてしまいます。
問題が起きるその前に、登記しておく事が大切です。
また増築した建物の登記簿が新築当時のままになっている事も良くありますが、これも同じ場面で問題になるものです。

 SCENE 4

相続の為に必要な事、事前の準備は必要か・・・
相続の事は起こってから考えればいいと思う方も多いと思いますが、事前の準備で相続の負担を軽減できる事があります。
例えば、土地を兄弟で分ける場合の測量費用は事前に行う事で、事実上相続税の対象にならない可能性があります。
事前に専門家に相談し、トラブルが起きないように準備しておきましょう。

相続の相談は誰にすれば良いか・・・
相続相談の広告や看板は良く見かけますが、実際に誰に相談すれば良いのでしょうか?
相続が起きると、相続手続きや相続税対策など様z様な専門の知識が必要となります。
弊社では、税理士・弁護士・司法書士など様々な知識を持つ専門家と協力し、皆様の相続のお手伝いをさせて頂きます。
まだ相続の準備をしていない方や起こってからでいいと思っていた方は、是非一度ご相談下さい。

【その他各種申請・測量等を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。】

COPYRIGHT(C)2008-2009 THINK ASSOCIATES(JAPAN)Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.